ハーブティーにはどのような効果・効能がある?

母乳不足にも効果あり!おすすめハーブティーの効果・効能!!

ハーブティーは、世界中で来し方から愛飲されてきた飲料の一つです。

 

そして、ハーブティーの効能は、正に“野性のくすり”と描写される事に納得するような物ばかりです。

 

いろいろな飲料がある現在にもかかわらず、“御茶”の存在は、なくてはならないシロモノに感じます。

 

私たちヒトは、自然とハーブティーの影響力を見識しているのかもしれませんね。

 

そんなハーブティーですが、ジャンルはなんと100以上。又、ハーブティーはミックスをする事が可能なので、利き功能、ジャンルすべてが無限大といえます。
いくらもあるハーブティーの中から、どれを選べば似つかわしいのか…ずばり、迷ってしまいませんか?

 

一種、一種の効能を見だしたら、どれも魅力的で、あれもこれもと切りがなくなってしまいそうです。

 

なので、ここでは人気で、なお且つレディに明るい効能が期待できる軽妙なハーブティーを紹介します。

 

先ずは、自らがどんな効能がほしいのかをクリアにする事が必要です!目標が絞れて選びやすくなりますよ。

 

ハーブティー未経験者の方も、どうぞ目安にしてみてください。

 

美肌、ダイエット、貧血症対策に安眠効能!レディーに心地よい御茶10ジャンル
それでは、さっそくレディに嬉しい効能ばかりの選りすぐり10ジャンルのハーブを紹介していきます。どの御茶も飲みたくなる事間違いなしです。

 

貧血症対策に「ネトル」
ネトルには、ヴィタミンCやベータカロチンをはじめ、Caやmgといったミネラル類が含まれています。

 

また、鉄分も含んでいるので、正に“マルチサプリメント”といったイメージです。

 

身体に重大な養分をバランス十分に摂取することできるので、貧血症対策にうってつけです。

 

別にも、

 

月経中の外出血量を管理してくれる機能
血を洗浄する効能
もあるとされています。

 

又、抗アレルギー反応作用もあるので、花粉症予防にもオススメです。

 

貧血症に悩んでいる人や花粉症に悩んでいる人、試してみてはいかがですか?

 

レディのためのティー、「ローズヒップ」
「ローズヒップ」という呼称、美容通の方なら1度は耳にした事があるのではないでしょうか?

 

ヴィタミンC、E
Ca
鉄分
βカロチン
リコピン
と、レディが求めていらっしゃる養分ばかりを含んでいます。

 

色とりどりな養分を含有するローズヒップですが、もっとも高い滋養要素がヴィタミンCです。100g近くのローズヒップが含有するヴィタミンCの数は、なんと檸檬のおおよそ20倍!
ニキビの改善や、美白効能を狙いたい人をはじめ、ホルモン調整がめちゃくちゃになりがちな妊婦さんにもオススメです。

 

しかし、誠に「ヴィタミンE」「βカロチン」「リコピン」の含量はまるきりローズヒップの実に含まれています。

 

ヴィタミンCなどは御茶からも十分に取り込みする事が実行可能ですが、実も食べる事で又効能的に栄養素を摂取することできます。

 

ティーパックの形状になっているシロモノだと、わりあい実を食べる事はできないかと考えますが、専業店などでは“クラッシュタイプ”も売っています。

 

せっかくなら、後から実も食べられるクラッシュタイプを選んでみてはいかかですか?

 

美肌効能に優れた、「ハトムギ」
ハトムギは、イボに効能があるとして評判ですよね。人肌には必要不可欠なヴィタミンB群やアミノ酸などの養分が富饒なので、肌荒れに効用的だといわれています。

 

大昔からオリエントで愛されてきた草本の一つです。私たち日本人の身体によいので、オススメですよ。

 

また、利尿効果
も高く、無駄な水分を体内から出してくれる効能もあります。これらのデトックス効能により腸内部状況が整い、スキンのターンオーバーが促されるといえます。
定期的に飲む事で、きめ細かで健康的なひと肌に整えてくれる見こみができます。

 

又、体内の老廃物を排除する効能に優れているので、アトピー性皮膚炎などのアレルギー反応に対しても効果ありだといわれています。

 

なかなか肌荒れが治らないという人は、試みてみてはいかがですか?

 

野性の胃薬、「ミント」
「あの、歯磨粉の風味がする御茶でしょ?」という声が聞こえてきそうですが…。そうです!その歯磨粉の風味がする「ペパーミントティー」です。

 

好き嫌いがハッキリ分かれるであろうミントティーですが、健康面で高い効能を望むことができます。

 

消化促進
鎮痛効果

 

があるので、おなかの具合いが悪い、頭痛がするといった病態に働きかけてくれます。

 

常に腹痛や頭痛、乗物酔いなどに悩まされている人は1度ミントティーをテストしてみてはいかがですか?胃薬などを飲むよりも、絶対的に全身がよろこびます。

 

腹痛の改善を図りたい時は食後に飲むのがオススメです。消化を援助てくれますよ。

 

加えて、夜寝る前に飲んでも良い働きをしてくれます。ペパーミントティーはリラクゼーション効果も高く、カフェイン0なので、心持ちのよい就眠へと導いてくれます。
母のような優しさ。「カミルレ」
ヨーロッパでは大昔から愛飲されていて、近頃でも民間飲み薬として運用されています。カモミールティーには主に「ジャーマンカモミール」と「ローマンカモミール」があります。

 

百貨店などで売られているティーバックタイプの品は、ジャーマンカモミールティーが多くのイメージを受けます。どちらも期待できる効能は、ほぼ同じです。

 

カミルレティーに期待可能な効能は、

 

不眠の回復
冷え性の回復
倦怠回復
月経痛の緩和
などです。

 

カミルレティーの効能は、ミントティーととても似ていて、胃の調子が悪い時に使われる事で知られています。

 

もしミントティーが不好きという人は、カミルレティーを試みてみるのも方途ですよ。効能は、カミルレティーの方が物柔らかです。

 

又、便秘症回復にも効能があり、身体のデトックスも望むことができるのでダイエットにも繋がります。

 

不眠や冷え性、月経痛など女の人が悩みやすい病態を回復する働きをしてくれるカミルレティー、これは試みたいですね。
老い防止に至適な、「ルイボス」
ルイボスティーは、アンチエイジング効能に優れた御茶です。ルイボスティーに含まれるフラボノイドは、身体を加齢へと導く「活性化酸素」を取り去る効果
があります。

 

又、ジンクなどのミネラル類やポリフェノールも含んでいて、まさしく“アンチエイジングの御茶”として脚光を浴びています。
身体の老化を防止する作用があるので、卵細胞の加齢防止にも効能が望むことができるといわれています。

 

そして、ジンクの黄体組成ホルモンを活性化させる機能により、女性ホルモンといわれるエストロゲンの分泌物促進が望めるとの事!

 

この事から、妊活をしている人にもオススメできます。

 

他にも、

 

冷え性の回復
便秘の回復
アレルギーを減軽する作用
もあります。

 

花粉症回復にも一役買ってくれそうですね!

 

心配で眠れない晩に、「オレンジピール」
オレンジピールティーはビターオレンジの果皮を乾燥させて、入れた御茶です。

 

スイートオレンジをミックスする事もあるようで、オレンジのさわやかな芳香が気を満足のいく状態にしてくれます。

 

抗うつ効能
鎮静効能
もあり、心労や心配事で眠れない時に効果ありです。

 

気持ちをリフレッシュさせ、安眠へと導いてくれますよ。
風邪ひきの初期症候には「レモングラス」
レモングラスには殺菌効果
があり、感染病などに利く草本として大昔から愛用されてきました。

 

レモングラスティーももちろん殺菌効果
に優れ、

 

発熱
頭痛
に効果的です。

 

「風邪ひいたかな?」なんて時は、レモングラスティーを飲んでみてはいかがですか?

 

又、食欲不活化や食べ過ぎておなかが辛い…なんて時にもオススメです。食後に飲む事で、おなかを整えてくれますよ。
精神安定化には、「レモンバーム」
日本では中々お馴染のないレモンバームティーですが、ヨーロッパでは年長の草本として、古く
から愛されています。

 

それは、たぶんレモンバームティーには精神を穏やかにしてくれる効能があるからだといえます。

 

「病は気から」という言回しがあるように、気が安定している時は病み煩いも寄りつき難いからですね。

 

抗うつ効果があり、心的に弱っている時の症状に効的です。

 

心配やイライラ、緊張によるストレス、不眠などにお悩みの人は、ぜひ試みてみてはいかがでしょうか?
たんぽぽ珈琲で評判な、「ダンデリオン」
ダンデリオンは、ノンカフェインの「たんぽぽ珈琲」としても評判なハーブです。御茶には利尿効果があり、むくみやデトックス効果があります。

 

そのため、ダイエットに向いているといわれています。消化を助けてくれる効能もあるので、おなかの調子が悪く、肌荒れを起こしている人にオススメです。
又、ダンデリオンは母乳の出をよくする効果があるので、授乳中のお母さまにもGOODですよ。

 

page top